寿命を考えてメンテナンス

塗装

計画的に行おう

札幌は積雪も多く冬が厳しいというイメージを、持たれている方が大半なのではないでしょうか。積雪が多い札幌では、そうでない地域と比較すると家の外壁や屋根といった、外回りのダメージが大きくなる傾向にあります。特に積雪や寒さによる凍害によって、札幌の家は外壁・屋根が傷みやすいようです。外壁・屋根といった部分の傷みが激しくなると、ひび割れを起こしてしまい、そこから雨もりしてしまうリスクが高まります。雨もりするまでメンテナンスをしなかった場合、直すには高額なリフォーム代が必要です。家の寿命を延ばす為にも、外壁・屋根の定期的なメンテナンスは、必須と言えるでしょう。札幌では外壁塗装・屋根塗装の施工で、家をメンテナンスする方が多いようです。外壁塗装は外壁に、屋根塗装は屋根に特殊な塗料を塗り、新たな塗膜を作る施工となっています。外壁・屋根共に新築から8年以上が経過している、また以前の塗装から7年以上が経過しているという場合、施工を受けた方が良いでしょう。このように外壁・屋根塗装は、定期的に施工を行う必要があります。業者に施工を依頼する際は、塗装に使用する塗料の種類や効果をチェックしてみましょう。塗料によって施工を行う目安に違いがあるのです。例えば、ウレタン系塗料の場合は施工から7年から8年程度、効果が持ちます。シリコン系であれば、施工を行う目安は約9年から10年程度です。このように、塗料によって持ちが違うので、塗装目安や費用などを確認し業者に相談しましょう。

Copyright© 2017 外壁塗装に使用される成分を知っておけば得をする All Rights Reserved.