同時施工がおすすめです

刷毛

屋根と外壁の耐用年数

外壁塗装工事中は窓が開けられなくなり、足場が組まれていますので出入りが不自由になります。しかし、外壁塗装は家屋を守るために必要ですので千葉の新築なら10年程度、千葉で2回目3回目の塗装の場合には使用した塗料の耐用年数に合わせて施工が必要です。また千葉では同時に屋根の塗装を進められることがあり、屋根をどうするか悩む方も多いですが同時に屋根の塗装もしたほうが良いです。現時点では、屋根用の塗料の耐用年数10年程度のものしか開発されていないため、屋根の耐用年数に合わせて外壁塗装を施すのがおすすめです。その理由は足場作成の代金にあります。屋根の施工にも足場は必要になりますので、外壁塗装にランクの高い塗料を使用し20年持たせても屋根の耐用年数が10年程度となります。そのため、屋根のためだけに足場を組む必要が生じますので余計な出費が発生しまうのです。20年耐用できる塗料は10年程度耐用の塗料に比べて値段は7倍程度となるため工事代金は同じ建坪で倍以上になります。払いだす金額が高くても20年の間、外壁塗装が不要になると考えれば煩わしい工事も必要なくなり、足場代も捻出できると考えてしまうのですが、外壁より前に屋根が悲鳴を上げる可能性も高くなります。ぎりぎりまで粘ってみても結局、屋根に対する工事が15年で必要になった場合には、耐用年数の経過より前に外壁塗装をするか、屋根施工の数年後に外壁をする形になります。千葉では屋根と外壁の耐用年数を一致させておくと、無駄な工事代金を払わなくて済みます。

Copyright© 2017 外壁塗装に使用される成分を知っておけば得をする All Rights Reserved.